つくねん

ただの日記

クリスマスの思い出

 

今日、何かするんですか?

と話しかけられて、

え、何も、、、と言ったけど

そうかクリスマスだからだ。

 

クリスマスといえば

何年か前

たまたまクリスマスにこっちにきてた友人と

みなとみらいの大桟橋に行ったな。

周りはカップルだらけで

まぁ我々も男女だからそう見えなくはないのかもしれないけど

って感じだった。

そのあと定食屋でご飯食べた。

というのを、時々、友人も思い出して言ってくる。

こないだも聞いた気がする。

 

昔、友人とよく待ち合わせに使ってた横浜駅サンマルクもなくなっちゃったな。

 

ということで

豊かになれるクリスマスプレゼントをもらいました。

ありがとうございます。

 

f:id:shrikm:20201224182458j:image

その日の写真が残っていた。

f:id:shrikm:20201224183550j:image

私が嫌そうな顔で写ってたけど

今となっては懐かしい。

そのように毎日は過ぎて過去になって風化していくんだなぁ。などと思う年末。

 

そういや、占いに興味がないんだねと言ってたけど

そんなことはまぁ、あるけども。

占いというか、

うちの親が、見えると言われる人で

まぁ何が見えるのか私にはよくわからないし

それが人からどう捉えられるのかもわからず。

どんなもんなんだろうな、どこまでが本当なのかな、と思ってきた。

ただ、そういう力というのは身内には発動されないらしい。知らないけど。

そして、親の周りにも似たような人がおり(わかりやすいスピ系とかではなくて、どちらかといえばイタコみたいな)、

たまに実家に帰って、親も世話になってることだしお土産やお年賀を持って挨拶に行くと色々言われる。

100%信じないようにしているし、でも礼儀上あからさまな態度もとれないし、けどまぁ、そういうみえるというものが全くありえないことだとも思ってはいない。

むずかしいけど。

 

いつだったか。

その人に、

あなた、いい人がいるでしょう。思い思われているのがわかるのだけど、どうしてそんなに悲しいの。と言われた。

さあ。思われているのかはさておき。

悲しいな、確かに。と思う。

一緒にいるだけ悲しくなっていく気がするな、確かに。

軽やかな気持ちで去るには長すぎたのだろうと思う。

越冬できない越冬燕っぽさがある。