つくねん

ただの日記

広島弁

 

ぱーぷーという広島弁を覚えた。

標準語だと思っていたらしい。

そういうことってあるよね。

私も最近まで標準語だと思っていた言葉があった。

なんだったか忘れたけど。

言葉というのは不思議だなぁ。

ある意味、地方出身者はみんなバイリンガルなんじゃなかろうか。

 

振袖をきた女の子たちがたくさん。

成人式なんだなぁ。

ふと、

若さというのはいつも他者に属するものだな、と思う。

死ぬのはいつも他人ばかり、というのとすこし似ている。

若さのうちにあるとき(それはまさに誰にとっても今だと思うんだけど)、人はその若さをあまり認識できなくて

いつも他者を見て若い、若いと言う。

私も気をつけないと。

 

ねむい。

わざわざ戻ってきてお土産くれた。

お土産お土産。うれしい。

 

人に呼び出されたけど

呼び出した当人が別の電車にのってしまって

私の方が早くついてしまった。