つくねん

ただの日記

特に着地点もない

 

何か新しいことを、と思いつつ

昨年からなんとなくやっていることの延長を。

ぼそぼそと。

 

水道橋で降りて、本屋街まで歩いて

ふらっと見つけた

文具屋さんの上の喫茶でお茶をした。

落ち着いてていいですね。

撮った映像を見せてもらった。

 

それからぼんやりしてて、

餃子を食べるのに付き合ってくれる?

ということだったので

それに付き合って喫茶から徒歩数分のとこで餃子を食べた。

昔と味が変わっちゃったなぁ、とのこと。

 

おいしい餃子が食べたいね。

餃子というか、

蒲田にもおいしい中華屋さんあるらしいですよ。

蒲田行かないよね。

行かないですよね。

治安良くなかったんだよ、あそこ。

今もたぶんよくはないと思いますよ。

ともかく、今度おいしい餃子食べに行こうよ。

そうですね。

 

という話をした。

 

話は変わるけど。

人を愛するってどういうことなんだろう、と思う。

愛情ってどんなだろうか。

まるでフロムみたいなことになってしまうな。

それは、Art、つまり技術なのである。とか書いてますよね、フロムさんは。

仏教で愛は執着のことでしょ。

どれもこれも、まぁそうだろうな、と思うけど。

 

絶対に覚えていないと思うけど、

ほんと最初に

できれば僕を愛してね

と言われたことがあって、

それ以降

愛するって

具体にどういう言動や態度や状態なのだろう、

としばしば考える。

私のこれは愛情なのかな、とか。よく考える。

考えるけど、特に着地点もないから

そのまんまなんだけど。

 

愛の表現は惜みなく与えるだろう。然し愛の本体は惜みなく奪うものだ。

と書いているのは有島武郎だけど。