つくねん

ただの日記

紐帯

 

さむい。

まともな冬になってきた感じがする。

 

週末の話について考えていたけど、

そういう生き方、というのと

私が思っていることとの焦点はきっと違う。

その話をしている顔を不思議だなと思って見ていた。

 

人は孤独じゃなきゃいいと思う。

孤独ってなんだろう。

悪性の孤独と良性の孤独があると思うな、腫瘍みたいに。

前者は人を食い潰していくな。

 

そういえば

友人がついに睡眠導入剤のお世話になり始めたらしい。

私の唯一実利的なアドバイス

とにかく心療内科に行く前に保険見直すなり入るなりしたほうがいいよ

は聞き入れられたのかしら。

 

布団に入って1.2時間寝付けない、

夜中に目が覚める

という症状に苦しんでいる友人の話を聞いていて、

布団に入って1.2時間寝付けないのは苦しいことだったのだなと思った。

 

健全に生きてきたようだから知らないだろうな、と思って

くれぐれもお酒と一緒にしちゃだめだよ

と、また実利的アドバイスをした。

 

さておき、心配といえば心配である。

体調を崩す人が多い職だろうし、

好転するといいのだけど。

曰く、びびってあまり服用していないらしい。

(なんだ、ならほしい。とか思ってしまう。)

 

俺たちみたいに友達が少なくないから、

というときの

俺たち というのは

なんであろうか。

その、たち、の紐帯って。

 

どこか行こうかなぁ。

でも週末は人とご飯を食べるからな。

3年目の習慣。

 

外を若者がはしゃぎながら走っていった。

若さは寒さに勝つようです。

暗くても寒くてもそんなの関係ないんだな、生命力そのものみたいな人たちだな。

見もしてないけど、きっとそうなんだと思う。