つくねん

ただの日記

熊本 3日目

 

3日目。

お互い正午ごろの飛行機で帰ることになっていたので

この日は観光、という感じでもなく。

ほんとは8時すぎまで寝ていようと思ったのだけど、

せっかく熊本に来ているのだしと

頑張って7時に起きて、桜山神社に行くことにした。

私がかけた目覚ましで起きたらしい友人もなぜか同行。

興味ないと思うから、寝てたら?と言ったのだけど、

ついていく、という。

断る理由もないので、一緒にホテル前からバスに乗って10分すこし。

 

f:id:shrikm:20190729220622j:image

朝一にこんなところに来る観光客はそうもいないだろうなぁと思いつつ、

境内に入る。

 

こじんまりとしているけれど緑が深くて、

蝉がよく鳴いていた。

右手に神風連資料館、左手に神風連の乱の殉難者の墓。

資料館は9時半開館で、10時半には空港行きのバスに乗らなければならなかったので

今回はパスするよりほかなく。

社殿にお参りして、お墓を見て回る。

 

f:id:shrikm:20190729220640j:image

f:id:shrikm:20190729220658j:image

f:id:shrikm:20190729220702j:image

123名のお墓があり、首謀者(というかなんというか)の2名の墓が最奥にある。

残り121名+1匹のお墓が、そこに至るまでの左右にずらっと並んでいる様は

なかなか凄みがある。

今や名前しかわからないけれど、

それぞれがちゃんと肉体を持って存在していたということを想像すると。

三島さんもここに来たのかぁ。

 

f:id:shrikm:20190729221002j:image

 

f:id:shrikm:20190729220941j:image

2名のさらにその奥には、彼らの思想の大元となった

林桜園墓所がある。

 

f:id:shrikm:20190729221033j:image
f:id:shrikm:20190729221055j:image
f:id:shrikm:20190729221047j:image

場所が場所だけに薮蚊もすごくて

虫除けスプレーをしていくべきですね。

 

桜山神社を後にして、その辺で朝食をとり、

バスに乗って空港に向かい、それぞれの便で帰路に着いたのでした。

 

熊本、楽しかったです。