つくねん

ただの日記

手白澤

 

手白澤に行ってきました。

 

2か月くらい前、気持ちがどんと落ち込んでいる時に

どこか行きたいなぁと逃避先を探していて、見つけたのでした。

 

鬼怒川温泉駅から女夫渕行きバス(1番のりば)で

終点の女夫渕まで1時間半くらい。

そこから歩いて2時間半〜3時間くらいで着く山の中。

雪見風呂ができそうなこと、静かそうなこと、犬がいるらしいことが揃って行かない理由はなく。

 

女夫渕のバス停からスタート。

12時前について、腹ごしらえをし、ゲイターを履く。

ここですでに雪景色が広がっており、私のテンションは単純なので上がる。

 

f:id:shrikm:20181217232441j:image

送迎バスの上に積もった雪にテンションがまた上がる。

奥鬼怒温泉の宿にはいくつか送迎をしてくれるところもあるようだけど

手白澤は送迎なしなので歩くかタクシーかしかなく、

タクシーで行く理由もないし、歩くのも目的なので歩く。

 

f:id:shrikm:20181217232529j:image


f:id:shrikm:20181217232532j:image

鬼怒川沿いを歩く。

歩くたびに雪深くなっていく。

 


f:id:shrikm:20181217232603j:image

雪がちらちら舞っていて、日が差すととても綺麗だった。

 

f:id:shrikm:20181217232626j:image

つらら

 

f:id:shrikm:20181217232636j:image

奥鬼怒温泉、初めの宿。

いい外見。

 

でもまだここから歩く。

 

f:id:shrikm:20181217232702j:image

奥鬼怒温泉、2つめの宿。

春日野部屋合宿所が併設されていた。

 

まだここから歩く。

途中、猿がいた。

 

f:id:shrikm:20181217232723j:image

 

坂を登るともっと雪深くなる。

 

f:id:shrikm:20181217232754j:image


f:id:shrikm:20181217232741j:image

 

f:id:shrikm:20181217232810j:image

向こうに見える山がとても美しかった。

草津白根山という山なのでしょうか?

 

f:id:shrikm:20181217232835j:image

モコモコの雪。

雪質はサラサラ。

 

f:id:shrikm:20181218001640j:image


f:id:shrikm:20181217232850j:image

手白澤温泉に到着、とともに

向こうから犬くんが迎えに来てくれた。

かわいい・・・・・・。

やや疲れていた私の気持ちが晴れやかになる。

 

f:id:shrikm:20181217233002j:image

とりあえず撫でる。

 

f:id:shrikm:20181217233040j:image

撫でる。

 

帽子や手袋を外しながら撫でていたら、

犬くんが手袋をくわえて遁走してしまった。

どうやら手袋が好きで、どれだけ叱ってもくわえて行ってしまうらしい。

本人は遊びのつもりなのでしょう。

私の手袋をくわえて、くるのを待って、楽しそうな顔をして逃げて

私の手袋をはむはむして、また逃げて、というのを繰り返していた。

見知らぬ男性が頑張って取り返そうとしてくれたのだけど、

犬くんは喜ぶばかりで

結果的に宿の人に叱られて返してくれました。

かわいかったなあ。

ハムハムされてベタベタになった手袋が返ってきた。

 

f:id:shrikm:20181217233114j:image
f:id:shrikm:20181218002111j:image
f:id:shrikm:20181217233110j:image

 

その後も私は

犬ストーカーと化していた。

犬かわいい。

お腹をなでろとゴロンとするのでお腹を撫でると

クールな顔をして、クンクン鳴くのがかわいくて撫でまくっていた。

f:id:shrikm:20181217233208j:image

 

チェックインをしたあとは、温泉ですね。

温泉もよかったなぁ。

ダバダバで。

人も少ないから、のんびりできて。

 

ご飯も美味しくて。本当に。

白米が異常に美味しかった。

 

f:id:shrikm:20181217233228j:image

夜は星が綺麗で。

2、3月だともっと綺麗なんだろうなぁ。

宿のご主人が、紅葉時期が人気だけど、春先、まだ緑が青くなりきる前が好きだと言っていて

またそんな時期に再訪したいものだな、と思いました。

その頃だと装備も冬ほどいらないし。

ただ、熊とかが起き始めちゃうのかなぁ。

 

本当に素敵な場所だったし、また行きたいものです。