つくねん

ただの日記

東京はさみしい

 

人と会った。

街にはクリスマスソングが溢れていたし、

街路樹は電飾に絡めとられていた。

 

f:id:shrikm:20181118202119j:image


f:id:shrikm:20181118202116j:image


f:id:shrikm:20181118202137j:image


f:id:shrikm:20181118202123j:image


f:id:shrikm:20181118202130j:image


f:id:shrikm:20181118202133j:image


f:id:shrikm:20181118202126j:image

 

お茶をしてから散歩をはじめたら、

すぐに暗くなってしまった。

なんだか、日曜の夜だからなのかなんなのか

東京はさみしいなぁと思った。


f:id:shrikm:20181118202109j:image


f:id:shrikm:20181118202141j:image

プリンはかためが好きです。

怒ったら負けだよ、と言われてしまった。

たしかに。

うまく感情を排出する術を身につけなくては、

このままだと生きていけなさそう。

一度わっと感情が溢れ出ちゃうとどうにも止められなくなることがある。

というのは、私自身が一番よく知っている。

そのうち明確にその意図をもって相手を傷つけるようなことを言ってしまうんじゃないか、と想像する。

嫌だな、と思っている相手ならなおのこと。

 

東京がさみしいのか

ただ単に私がさみしいのか

どっちなんでしょう。

 

f:id:shrikm:20181118222700j:image

元気出してよと、しろくま3体をくれました。

 

いましがた別の友人に

なにか元気が出ることを教えてほしい、と言ったら

仏の前では皆等しく無価値、とかえってきたんだけど

全然元気がでません。