つくねん

ただの日記

最後には良心

 

つ、つかれた……。

新潮45、どんなものかちゃんと自分で読むべきだよなと思って本屋に寄りたかったけど寄れなかったなぁ。

こんなんで週末、山登りできるのかしら。

 

新潮社、私の最も愛着のある出版社で

10代にはすごくお世話になった。

好きな本もたくさんあるし。

正直、表現の自由とか言論の自由とか、はたまた出版や報道の自由について

何か意見らしい意見があるわけでもないから、

ちゃんと勉強しないとなぁ、なんて思いつづけているわけだけど。してない。

それらがとても大切である、という認識はもちろん一般並みにはあると思っているけれども。

 

こないだ、最後には良心だという話をきいていたけれど

こういうのも結局はそこに行き着くのかしら。

良心かぁ。

と思って話題の新潮45の10月号目次を見たら、おおう・・・ってなった。

予想以上にあれだなぁ。

 

そういえば、こないだ

私にミニアニソン大会を開催させられていたのですけど(入れられるがままに歌ってくれるので楽しいんですけども)

ルパンの主題歌、奥田民生が歌ってるのもあるんだなんて知らなかった。

私にとってルパンのテーマといえば、ルパン三世のテーマしかなかったなぁ。

あの歌好きです。あれを聞くと、あールパンだ!って思う。

最近のアニメシリーズはさておき。

ルパンも昔から好きなアニメのひとつで、

最近のアニメシリーズも見ていたんだけど

直近やってたのはSNSやら国家解体やらをテーマにしてて面白かったですね。

でもルパンって、わりとこうジェンダー観がまあ新しくはないから

この辺も今後変わっていったりするのだろうか?というのは少し関心ごと。

日本版、強くなければ生きていけない、優しくなければ生きている資格がない。

だよなぁ、と見ていて思うわけだけど。

 

寝ましょうね。