つくねん

ただの日記

ついに訪れなかった

 

飲み会の帰り。

なんだか今日は酔えなかったなぁ。

あまり楽しくもなくて。

 

数学科の男だけはやめときなさい、と数学科出の男の人に力説されたけど

理系の知り合いなんてまぁいないし。

なんだか高校時代付き合ってた人の話を、

ネタとして話されてしまう。

そんな面白いかな。まあいいんですけども。

彼はいい人だったので、そんなに笑わなくても……と思うんだけどな。

 

うーん。

飲み足りないというわけでもない。

たぶん今日は気持ちよく飲めない日なのだろう。

口直しにコーラが飲みたい。

 

三島さん好きもネタにされるんだけど、

一応私の周りには三島さんかわいい!

を共有してくれる人もいるのだと言っても、

それ相手は無理してるんだよ。

とかって言われるし。

まぁそうかもしれないけどさ。

 

普段仲良くしてる界隈と毛色が違うから

それはそれで楽しいんだけど、

よくわからないことも多いな。

世界を文系理系で二等分できるなんて思ってないけど。

 

なんだか最近、

まあそれもいいんじゃないかなと思ってたけど、よくわかんないね。

ここ数年共同生活してないから。

すべては成り行きですか?たぶんそうなんでしょうね。

何かを選んだと思ってても、本当にそれって選んでるのかわかんないよね。

自由意志問題。

 

あーなんか飲むんじゃなかったなというような日だったかもしれない。

夕焼けも見られなかったし。

 

コーラとスイカを買ってきちゃった。

暑い。

酔いはついに訪れなかった。

酔いだけでなくあらゆるものが私を訪れず通り過ぎていくんだ、ということを

ずっとずっと昔から感じている。年齢が二桁になるまえから。

いやな子どもだね。

でもしかたない、

ずっとそんな子どもだったし、それが矯正されることなくそのまま大きくなってしまった。

そしてきっとその予感は、的中でもないけど大きく外してもないのだろうな、

と今思う。

 

何も私を訪れないなら、私も私から去りたいな、と思う。

こういう気持ちをわかってくれる誰かがいたらいいのになぁ。 

 

そうだ、どっか行こう。