つくねん

ただの日記

液状化

 

誰かを待っているの、

人の最も美しい姿のひとつだと思う。

で、前に私が早く着いたとき

相手のその姿をしばらく見てたんだけど。

なんだか不思議なんですよね。

私を待ってくれてるんだなぁ、と思うと。

なおさら。

で、そのことをネタバラシしたら

見かけたら声をかけるようにと言われるようになってしまいました。

そりゃそうだ。

 

先日、

ああなんでこれがあの人じゃないんだろうな

と思うことがあって

それでちょっとあれだったので

今日は液状化してたね。

でろんでろん。

 

人間、存在あるいは関係性の代替可能性についてお話をしたけど

きっと彼の中にはちゃんとした軸があって

私のような考え方をしないんだと思う。

代替不可能性を強く感じると、

人間が代替可能であればどんなによかっただろう。と思ってしまう。

そしたら、あらゆる痛みは少なくなるかもしれないし。

むにゃむにゃ。

 

ごろごろむにゃむにゃしてた。

本も読んでもらった。

ネズミのモノマネしてた。

ものごとには裏があるんだって。

こわい。

 

クローゼットに入って外から閉めてもらったんだけど

真っ暗になってものの1.2秒くらいで扉を開けてくれて

それで私はその行為を

彼の性格の本質っぽいな。と思ったのでした。

 

まあとりあえずいつにも増して液状化してた気がします。

押しつぶされてたもんね。

反省します。

 

読んでた本、

思ってた本まさにそれで楽しかったです。