つくねん

ただの日記

本日の小確幸

 

古本を買いまして。

ずっと読みたいと思ってたけど、なんとなく先延ばしにしてた。

三島由紀夫関連の本。

 

で、意図せず買った本が署名本でした。

まぁ、研究者でも文筆家でもない人が書いた思い出本なのですが

すごく嬉しかったんですよね。

 

なぜって、おそらくこの本の前の持ち主は(署名の宛名の人)

三島さんにそれなりに興味や関心があったんだろうということがなんとなくわかる。からで。

署名日付が読了日の後で、わざわざこの本を持って著者を訪ねて行ったんですね。

本の扱いもとても丁寧な人だったんだということは、本の状態からわかるし。

そんな人が、この本を手放すのは

おそらく亡くなったからじゃないのかと思って、

お名前と書き込み内容からご本人らしき人が特定できたのですが、

やはりお亡くなりになってるんだなぁ。

弁護士さんだったみたい。

(三島さんとのつながりが何かあったのだろうか?という妄想も膨らむよね)

 

そんな人のところから本がやってきて、

嬉しくないわけがない。

思いみたいなものの全部はわからないけど、

そういうのがこの本には確かに乗ってきてて

よくいらっしゃいましたという気持ち。

 

今日の小確幸でした。

 

f:id:shrikm:20180221213125j:image