つくねん

思ったことや感じたことを書きとめる場として。

透明ブーム

 

透明なミルクティー飲んだ?とやたらきかれるので

試しに飲むかと魂を売るようなことをして88円の透明なミルクティーを買ってきて

ぼおっと眺めていた。透明だった。

透明感っていう言葉をよくきくけど

あれなんなんだろうなあ、と思った。

なんなんだろう、透明ブームみたいなものって。

透明感、というのもよくわかんないんだけど

どうやらこれは多く女子にかかる形容詞ということはわかった。

儚げということか、純っぽいとか、そういうことなのかな。謎ですが。

 

それは置いといて、

昨今のボタニカルだの無添加だのロハスだのなんだのの延長線上にあるのかな、透明ブーム。

いくら人に、体に悪いよなんてと言われても私はコーラを飲むぞ、と強く思っているけど

もしあの黒いコーラが脱色されて、いかにも無害で軽そうな透明感あふれる飲み物になったらすっごくショックだろうなぁ。

(と思ったらすでに前回?の透明ブームであったんだね、透明コーラ的な何か……)

 

透明、というものに人は何を求めてるんでしょう?

時々、私が透明になるか周りの人を透明にして見えなくする装置があればなぁと思うけど

それは単に私の人間疲れの話で、きっとそういう透明とは違うものなんだろうなぁ。

 

透明なミルクティー、透明感のある女性、透明になる(する)装置、透明な……えとせとら。

 

あ、政治や組織の透明性とかってのもきくなぁ。

でもこの透明性の透明は、透明感のある女性の透明とは意味が反対な気もするし

透明という言葉はレンジが広いなぁ。

 

私の中でも透明ってなんなんだという透明ブームが今日明日くらいは続きそうです。

そしてすぐ飽きそう。

というかすでに透明という文字がゲシュタルト崩壊してきたもん。

 

 f:id:shrikm:20171012215533j:image

 

近々、地元に戻ろうか迷っている。

日曜の用事の後、せたぶんに寄れるかなぁと思ったら用事が僻地でしんどかった。