つくねん

思ったことや感じたことを書きとめる場として。

一定の態度を保って

 

台風って、ちょっとワクワクする。

でもあまりこっちにはこないのかな。

夜中はちょっと雨風が強いのだろうか。

 

友人から電話が来て

明後日か明々後日から夏休みを取るから

実家に帰る途中かお休み帰りに東京によっていこうかなという話をされた。

実家に帰る途中なら晩ご飯、

戻る途中ならご飯と横浜トリエンナーレでも行こうよということでした。

横浜トリエンナーレ、カラフル熊さんの展示は気になる。かわいい。

 

今日は久しぶりに本を読んで知性を回復していたとのことで

私が最近よく意見(というか断片)を収集している一部の男女抗争や

ポリアモリーやらアセクシャルやらについてちょっとした話をした。

こういう話を、一定の態度を保ってしてくれる人は本当に限られてくる。

そして、そうやって一定の態度を保って対話や議論をしようとしてくれる人は

とりもなおさず、私が俎上に載せたテーマの当事者性から距離のある人たちなんだなぁと思わされる。

 

昨今、LGBTしかり、ポリアモリーしかり

恋愛感情を持つということを前提にそのベクトルがどこに向くか、何本出るか

といった多様性についてはよく言及されているけれども

一方でその矢印を持たない人についても等しく言及される世の中であって欲しいなぁと思う。

と常日頃思っていることを言ったら

君自身がそういう傾向を持つの?と聞かれて

私自身はそういう傾向を多分に持たないけれども、

ただそういう傾向をもつ人たちを

他の多様な傾向をもつ人たちと同様に尊重し、

また彼や彼女らは当たり前に尊重されなければ、と考えている

というようなお話ができて、相手もそれをこちらの意図した文脈で理解してくれるというのは

やっぱりある種恵まれた環境にあるのだろうと思う。

それを恵まれた環境にあると話し合えるのも、やはりそれが恵まれた環境にあるからで

結局、分断されているということについて

もっと自覚的にならないといけないんだろうなぁと思う。

 

とかなんとか言ってたら

すごいの見つけた。

 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170803-00000083-sasahi-soci&p=1

う、うーん。

デジタルシャーマンという語もすごいけど、

思うに

こういった行いはあまり好きではないかもしれない。

ロボットができるのは故人のふりだけで

故人そのものにはなり得ないし

そうしたものと対峙すればするほど

その人でない部分が目について

喪失はより深まるよなぁ、と思う。

いや、もしかして喪失をより深化させるツールなのかしら?

 

ところで今日は立秋らしいです。

明日は台風一過の満月かなぁ。

彼の帰路に月が綺麗に見えてるといいな。