つくねん

思ったことや感じたことを書きとめる場として。

一回性と反復性

 

友人が来た。

仕事で。

 

なので、一緒に朝ごはんを食べに行きました。

おかげで今とても眠い。

友人はささっと仕事にさらわれていったので

私は帰ってだらだらしながら映画でも見る。

 

社名入りのポロシャツを着てやってきた。

ちょっと対外的に愛社精神を見せようと思ってと

服装の選択理由について述べていました。

どうやら今日の仕事は、組合系の何かしららしいです。大変です。お疲れ様です。

 

アイスロイヤルミルクティーを飲みながら話を聞いていたけど

今日一番面白かったのは

アル中が原因で短期記憶を保持できなくなった写真家のエピソードを取り上げながら

一回きりの反復、というものについて思うことを話してくれたやつです。

それも熱く。

朝起きて、顔を洗ってご飯を食べて着替えて会社に行って

という多くの人が毎日毎日機械的にこなしている一連の流れ=反復性

しかしそのどれもがたったそれっきりしかないということの現実=一回性

との

なんたることか!(私の雑なまとめ)ということでした。

 

短期記憶が保持できず、たった5分前の出来事を

まっさらな出来事として体験すること。

それは、物事に対しての真摯な態度である、というようなことを

眠さと暑さで回らない頭で聞いていました。

 

マサムネくんも似たようなこと歌ってるね。と言いました。

多分歌ってた。

進化する前に戻って何もかもに感動するとかしたいとか、そんな感じで。

その歌詞好きです。そういう話じゃないか。

 

写真というのは時代の流れにさらされても

出来事を出来事そのものとして提示できるんだ、と熱く話していた。

解釈は時代によって変わるけど、

写真が提示しているものそれ自体は変わらないんだ。

とのことです。

なんか話が飛んだけどちゃんとこの間にも話はありました。

 

 

あー眠い。  

広告を非表示にする