つくねん

思ったことや感じたことを書きとめる場として。

ハーバーライトが朝日に変わる

 

今朝の夢は変だった。

ひたすら知らない誰かを看取る夢。

ほんともう次から次へと。

初めは穏やかな死を、だんだん激しい死を。

恐ろしくなって目を覚ましたら4時で、

少しぼーっとしてたら地震があった。

 

夢に出てくる人たちの顔は

どこかで見たことのある人の顔だと

本かネットかわからないけど

何かで読んだことがある。

今朝方、私の夢で死んでいった人たちは

一体どこの誰なんだろうか。

渋谷の雑踏ですれ違った人たちも含まれているかもしれず、

親しい人たちの複合体かもしれない。

自分でも

よくこんな悪趣味な夢を見るな全く。

やれやれ、と思う。

 

少しの慰めは

4時には雨が降っていたことだった。

夜中に雨が降っていると、

なんだか守られている気持ちになる。

 

ふと思い出して、フィッツジェラルドの『崩壊』をパラ読みする。

言わずもがな、人生というのは崩壊の過程に過ぎない。

から始まる。

 

世界というのはあなたの視線の中の概念に過ぎない。

あなたが壊れたのではなく、壊れたのはグランドキャニオンである。

 

らしいですね。

 

f:id:shrikm:20170613205104j:image

いただきもの。

このくまさんかわいい。

ありあけのハーバー、初めて食べた。