つくねん

思ったことや感じたことを書きとめる場として。

それは答えになっていない

 

前の家は、さほど線路と近くはなかったけれど

窓を開けていると

電車がレールの継ぎ目を踏む音が聞こえて、それが好きだった。

 

今の家は、窓を開けていると

電車が減速し、ホームに着く音

発車のメロディが鳴って、電車が動き始める音が聞こえる。

とても気に入っている。

誰かがどこかからこの駅について、

また誰かがこの駅からどこかに向かっていくんだなぁ

と、それらの音を聞くと思う。

思うというか、想像する。

別に出発から明るいイメージが想起されるとか、そんなんでは全くないけど。

ただ人が行ったり来たりするのを眺めているのが好きなだけで。

そして眺める、というのは別に目に頼らなくたってできるんだなぁと思っただけで。

 

よく、人に普段何してるのと聞かれて

ぼーっとしていると答えると

それは答えになっていない、と言われる。

 

ぼーっとしてるって、何してるの。という難しい質問もされるけど。

ぼーっとしてるのはぼーっとしてる。

普段の私のぼーっとしてる感じを見せたら納得してくれるのかもしれないけど

5分で飽きられそうだし、そもそも、私がいやだから無理だなぁ。

 

f:id:shrikm:20170404221756j:plain