読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つくねん

思ったことや感じたことを書きとめる場として。

餃子をパクパク

 

旧居の鍵を返しに行った。

郵送にしとけばよかった。

ともあれ、これで引越しは完了した。

あとはダンボール箱の中身を少しずつ出して行けば。たぶん。

 

帰りに、新居の近くにある本屋さんに寄ってきたけど

なるほど?という品揃えだった。

週間売り上げ?ランキングの1位が中公新書の『応仁の乱』。

世相に疎いので知らないけど、流行ってるのかしら。

その下に昭和天皇実録をででーんと平積み。

文庫新書コーナーはほんの一角で、あとは雑誌。

たらば書房さんのようなお店はないものか。

 

話は変わって。

 

昨夜、「ムーンライト」を見に連れて行ってもらったのだけど

よくわからなさ6割、ううむ4割くらいの映画だった。

ある種、ラブストーリーでもあるのだろうけど。

今朝も話したけど、

人間は自分の嫌ったもの・憎んだものに回収されてしまうんだな

と思った。

 

あとは、なんだろう。

結局、どれほど身体を鍛えたとしても、心根が優しいために

最後まで愛情に傷つかなければならないんだなぁと。

(このジャンルでいうと、三島さんもそうだし、亜種に山崎晃嗣くんも控えている。)

いろんな人の解釈を読んでみよう。

 

夜、餃子をパクパク食べてたのを見て

なんだかほっこりした。男の子っぽくて。

彼が、何かものの(人の、場の)価値について

そろばんを弾く姿って想像ができないなぁと思う。

打算的でジャーナリスティック。

それを彼にやらせる(使役の形が正しいのかはわかんない)仕事というものってなんなのだろうな、と考える。

アーレントの「労働」「仕事」「活動」という考え方がぼんやり浮かぶ。

 

少し眠ろう。