読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つくねん

思ったことや感じたことを書きとめる場として。

社会に含まれているような気になる

 

引越し業者からダンボールの山が送られてきた。

ので、試しに本を詰めてみた。

あまり詰めすぎて底が抜けるのも嫌だけど、

運んでくれるのは男の人だから

少し入れすぎてもいいかな。という気がする。

重いものを持てるの、すごい。

 

ダンボール大に何を入れればいいのかわからない。

あ、ぬいぐるみ。

 

どうでもいいけど、生きていくのっていろいろと物入りだなぁ。

そういえば、高校の学費を払い終えた計算になる。

大学の学費は半分持ってもらったけど。

こんなものぐさなのによく生きてたなぁ。全く。

周りの人にとてもよく助けてもらっているからだけど。

 

今日は、役所で住民票を取って転出届を出して

保険も契約変更書類を送って、

映画のひとつでも見られたらいいけど、寒いから早く帰ってきたいな。

それを終えると手続き系は転入届と

銀行とか諸々の住所変更くらいかな。多分。

(転居届の仕組みが気になって調べたら、人力作戦で驚いた)

 

引越しの諸手続きをやっていると、

まるで自分が社会に含まれているような気になってくる。

そして社会参画には、もれなくお金がかかる。

 

長らく空室だった隣の部屋に、大学生っぽい男の子が引っ越してきてた。