つくねん

思ったことや感じたことを書きとめる場として。

夕暮れ

 

今朝からずっと、

頭の中でブルーハーツの夕暮れが流れている。

 

人生は夢じゃない。って。

そうか。夢じゃないのか。

幻でもない。らしい。

なのでおそらく、

こんなに痛みがあるんだな。

 

たぶん、周りもそれなりに痛がりながら生きていて

でも私は私以外の誰にもなれないから

それを知ることができない。

結局、人ってすごくひとりですごく孤独だな。

自分の輪郭からは一歩も外に出られないのだ。当たり前だけど。

(でも、ほんとうにそうなのだと、

その事実が迫って来ることが時たまあって、

すごく孤独を感じる。)

それなのに、お互いの痛さや寂しさに優劣をつけをしたり、容喙したりして。

不毛極まりない。

 

甲本ヒロトは、ひとりじゃないと歌ってるけど

お互いがひとりであることを知っているって前提を共有するのは、とても難しいのではないだろうか。

 

とか思いつつ。

 

で、何を思ったか心温まりたくて「素晴らしき哉、人生!」を見ました。

フランク・キャプラ「群衆」が好きなのだけど(素晴らしい映画だと思う)、

こんなに性善説に寄ってたっけなぁという感じで。

性善説というか、人間を信用している(いたい)というか、なんというか。

いい映画なのだろうなあ。(いい映画でした。)

でも、ジョージって控えめに見ても、十分に何かを成し遂げている人では。そりゃあんな彼の人生には、掛け値無しに価値も意味もあるよ……。もごもご。

 

f:id:shrikm:20170207232937j:image

冬の花火