読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つくねん

思ったことや感じたことを書きとめる場として。

若者のすべて

 

昨夜、友人といつもの待ち合わせ場所で落ち合い

ご飯を食べた。

私の髪が伸びたことに対して、知り合ってから一番いいと言って写真を撮り始める。

はじめは抵抗していたけど、最近はもう諦めている。

(数を取らないといい写真は撮れないのだと、かしゃかしゃうるさい)

 

改めて、そうやって写された自分の外面を見せられて

なんだか女の子みたいだね、というと、元から女の子じゃんと言われる。

そうじゃなくって、長い髪という女性らしさのアイコンを獲得したという意味だよ

というと、君ね、女性らしさのアイコンなんて言っているとニッチな層しか近づいてこないよと注意される。

 

近々、グループ展を開くらしく

なぜか私の写真も出すというので、そりゃ嫌だと言ったけど。

テーマは「若者のすべて」らしく、それはなんというかタイトルありきだねと言っておいた。

そもそも、若者のすべて、の、根暗一画採用なのでしょうか。

顔が写ってなけりゃいいけど、写ってるのはやだなぁ。

自分の外見が、人に何かを訴えるとも思えないし

それが友人の何がしか(若者のすべて)の表現に寄与するとも思えない。

 

若者のすべて、ってもちろんフジファブリックから取ってるだろうけど

それは一体なんなのだろう。もう戻らない今への哀愁なのだろうか。

 

ご飯を食べて、ドトールで彼はココアを、私はロイヤルミルクティを飲んで帰ってきた。

 

f:id:shrikm:20170114094443j:plain

猫さん。

 

今日は先約の開始時間を遅らせて、

これから友人と合流して写真展に行ってきます。

気楽なのはいいことだ。