読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つくねん

思ったことや感じたことを書きとめる場として。

故郷について 2

 

「ブルックリン」(ジョン・クローリー)という映画を見た。

少し前に上映されていて気になってはいたのだけれど、

結局映画館で見ることができなかった。

故郷を捨て行くことと、新しい居場所を得ること。というのがテーマなのだろうか。多分。

 

女だからか、よく人に地元(もしくは実家)に帰らないの?と(多分)悪意なく訊かれるのだけど

あれって一体なんなんだろう。

帰らない、というと、なんで、と言われる。

帰っても何もないから、という大きな理由の1つを挙げてもあまり納得されない。

 

地元にいる友人は

もうそこから出る意思を失ったように見える。

18歳の彼女は、18歳の私に電話をかけてきて

出て行きたいけれど親に反対されている。どうしよう。といったことを忘れてしまったのだろうか。

多分忘れていないだろうけど。

18歳の彼女を思い出すと、なんだか少し寂しい気もする。

ただそういう生き方があるというだけの話だけど。

 

そういえば、今年の年末年始は地元には帰らず大阪に行くことになった。

大阪にいる友人は入れ違いで地元に帰ってしまうので、暇だし、真田丸巡りをしようかと考えている。家で映画をみることもできなさそう。

大阪の人はどこに初詣に行くのだろう。

ちゃんとしたミックスジュースが飲みたい。

 

f:id:shrikm:20161219233929j:image

好きな場所。