読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つくねん

思ったことや感じたことを書きとめる場として。

友人とのやりとり

 

元気のない私に対し、友人の言葉から

 

友「時間が経つとテキトーに解決するぞ。大丈夫」

私「なんか、いい風なことを言うね」

友「先生も、若いうちはのたうち回るくらいがいいんですよ、って言うてた」

私「先生が言うんならそうなんだろうね。」

友「東京に行く時、ぜひのたうち回ってきてくださいとエールを送られたよ。」

私「それほんま?でも若いうちっていくつまでなんだろう。聞いといて」

友「ほんま。40歳くらいまでじゃない」

私「不惑まで、ということかな」

友「これは俺の考えだけどね。まあ、先生が言ってるんだから苦しいことは自然なことなんじゃない」

私「たまにはいいこと言うね。」

友「いつもいいことしか言わないよ。先生の弟子だし。

  どうしてもっと自分に素直に生きられないの」

私「じゃあ、あなたは自分に素直に生きてるの?」

友「結構素直に生きとるわ」

私「・・・確かに」

友「・・・ゆっくり元気出していけばいいよ」

※先生とは友人の指導教員。哲学やらを教えている方。

 

そのうち、何気ないやりとりに埋もれていくだろうから、ひっそり書き出しておくことにした。

電脳空間に放出するなよと言われそうだけども、

いつもありがとう、と思っているのでどうか許してほしい。

しかし、どうしてもっと素直に生きられないのか、とかきついことをいってくれるな。

正直、ずぶりときた。

元気が出るとか、もうそういう話ではないのだろうなぁ。これは。

今月下旬に来るかもしれないとのことなので、飲んでどうでもいい話がしたいなぁ。

心からそう思う。