つくねん

思ったことや感じたことを書きとめる場として。

髪でも切りに

友人からの電話に久しぶりに出た。 で、彼の実家で飼っている犬の調子がよくなくて という話だったんだけど。 なんであれ、言葉を見つけられない。 それで、7月の話をして 仕事が忙しすぎるんだという話を聞いた。 7月、1日遊ぶ予定だったんだけど あちら…

お蕎麦とアンコールワットと社会

昨日 お蕎麦屋さんでお蕎麦を食べさせてもらってたら なんだか聞いたことあるな、という曲が流れてきた。 トニー・レオンとアンコールワットのあの映画の挿入歌 ということがまず思い出された。 そのイメージ及び歌詞の内容と その場全体とのそぐわなさとに…

寝るのを諦めた。 ベッド脇の小窓の色が、黒から薄く白みの強い青にかわっていくのをみていて まあ無理に今寝なくてもいいかと思った。 この色はなんというのだろうか と思って調べたら、 月白(げっぱく)という色が近い。 素敵な色名だなぁ。月白。 小窓から…

かつて私であったもの

親知らずを抜いた。 親知らずを抜くのは2回目なんだけど 抜いた歯を持って帰るか、ときかれるたびに 妙な気持ちになる。 一応、抜かれた歯は分離したにせよ 私に属するもので 勝手に処分もできないんだろうな。 使用用途も特に思いつかないから いらないです…

大人になる過程で重力が発見されて

今日は、なんと、運動をした。 先日、友人とお茶をした時に ボルタリングをやろうよ、と誘われていたので 流行りに乗じてか遅れてか、行ってみたのでした。 体を動かしていたら変な事を考えずに済むのかなぁ、と期待したというのもあったけど。 のぼる のぼ…

ずっと、について

人から言われたいやなことを、 呪いのように自分のあちこちに貼り付けて生きてきたのだと思う。 気にしまい、忘れよう、と思うたび それは明らかにそう言われたことを意識しているし 意識する回数が多ければ多いほど、記憶に定着はしやすいだろう。 ずっと、…

自ら進んで人に触れることって まあないんだけど たまに人に触ると その人がちゃんと生きてるということがわかって そのことに不思議な感動を覚える。 そして人によっては その人が生きているというその感覚を離したくないなと思う。 生体と非生体の明確な違…

さらっと転向

本日も無事にごろごろだらだらした。 した、というかさせてもらった。 スーツについて少し詳しくなった。 センターベントとサイドベンツ。 なるほどなるほど。 センターディンプルもこないだ実演してもらったし。 怒るって本当に体力を使うよね。 SNSとかみ…

裏ごし

体調がよくなくて 朝昼使い物にならなかったのだけど 今になって身体が楽になって かぼちゃスープでも作るかと思い立ち 玉ねぎをスライスして かぼちゃを切って、とやっていた。 玉ねぎをバターで炒める作業、好き。 色も香りも。 0時前にやる裏ごし作業も …

夕方、 駅前で缶チューハイを飲んでる おそらくは土木関係のお仕事をされてるだろう男性たちを見かけることが多い。 駅前で缶チューハイを飲むのも 汗のにおいも ごつめでがさつそうな男の人も どちらかというと苦手なのだけど。 でもその光景を見るのが好き…

昼寝したい

梅雨だというのに ここ最近過ごしやすい日が多いのは気のせいなのかな。 三浦半島を南下する。 京急に乗ると、くるりの赤い電車が脳内BGMになる。 最近考えていたことについて 書こうと思ったけど 思考が散逸した。 あらゆる感情は、フィックスされない。 細…

ハーバーライトが朝日に変わる

今朝の夢は変だった。 ひたすら知らない誰かを看取る夢。 ほんともう次から次へと。 初めは穏やかな死を、だんだん激しい死を。 恐ろしくなって目を覚ましたら4時で、 少しぼーっとしてたら地震があった。 夢に出てくる人たちの顔は どこかで見たことのある…

ごらんあれが竜飛岬

あーそうなんだ、くらいにしか思わなくて 人はそれを無関心というのか薄情というのかわからないけど。 もう少し、温かい人間であるはずだという自分への買いかぶりがあったんだなぁ。 だからこんなことを思うんだろうな。 それはさておき。 体を動かさないと…

インスタ映え

大学の友人と会いまして。 食べた。ついに。 パンケーキを。 いや、パンケーキを食べるのは初めてではないけどさ。 好んで食べないというだけで。 ただ、パンケーキしかないような店に行ったのは 私の記憶上初めてである気がする。 まあお客の8割方女性で、…

原体験

昨日友人と電話してて 気になってた 雑誌でみるグラビアアイドルの写真と スマホとかで見る写真ってたぶん違うと思うんだけどどう思う? ときいてみた。 そしたら、 それはまず そのまんまだけど メディアが違うという点でメディア論的にみて違うと思う。 ス…

コミット

よく、 あーもうだめだ このまま気がついたら死んでるんだ と思うことがあって それで今日もそんなことを言ってたら 逐一励ましてくれた。 もっと社交的にならなければ もっと明るくならなければ なんかわかんないけどどうにかしなければ みたいな感じに頭が…

山手線

山手線に乗ってたら 向かいに 勉強ができるんだろうなというカップルがいて 受けるだろう高校の過去問を持っていた。 おそらく学習塾謹製のもの。 隣にいた友人に、 ハイスペカップルだねーと言うと 友人が 我々もそうだよと言った。 君はそうだけど私は違う…

待ち受け

堺さん大好き、という話をしていたら 携帯の待ち受けも堺さんなの?と聞かれた。 さすがにそんなことはできないよなぁと思って、 いやいや、そうではありません。と言ったけれど よくよく考えたら、薔薇刑からの三島さんだった。 個人的なツボは、ジーンズ+…

モブキャラクター

外に出て 人の多さに疲れ果てて なぜ人はこうも一様にひとところに集まるのか、家にいればいいのに という意味合いのことを言ったら 君だってその一味だからね、と ごもっともなことを返されて、 でもこの私の前に展開するこの世界においては 私が主体なんだ…

尾瀬

昨日、尾瀬に行った。 もともと近場でバーベキューでもしようという話になっていたはずなんだけど、 気がついたら尾瀬行きが決定していた。 みなさん睡眠時間5時間とかのはずなのに、元気。 バイタリティが違うのだと思う。 尾瀬はようやく春めいてきたんだ…

3%

仲のよい友人に、 出会った頃はふつーの女の子だと思ってたのになぁ。と言われたけど ふつーだと思う。 でも、君みたいな変な人に喜んで付き合ってくれる奴なんて少数だよ。 3%くらいしかいないよ。だって。 だからもっと俺を尊んだ方がいいよ、と話は続く…

美しい星

5月も今日で終わりだというから、 映画でも見に行くかと 「美しい星」を見に行きました。 いくつか設定が違うのは知ってたけど エンドロールに 原作 三島由紀夫 と出た時は、なんとも言えない気持ちになりました。 いや、いやしかし 三島さんはこういうのも…

盛岡冷麺

日中、外に出たらたいへん暑かった。 盛岡冷麺が食べたい、と思うも この辺だとどこで食べられるんだろうか。 盛岡で食べた 盛岡冷麺の具のすいかが美味しかった。 男の人、というか 男性と分類される身体的特徴を持つ人って 望むと望まざるとに関わらず 女…

境目

歌ってる後ろ姿をぼーっと眺めてて 不思議だなぁと思った。 その輪郭の中が彼で その輪郭の外が彼以外である。 その境目ってなんだ。 彼と彼以外の人たちとの違いとは? 輪郭はもちろん違うなぁ。 匂いも全然違う。 話す言葉も違うね。 いちいち違うもんだか…

風船

船から放たれた風船が上に上にあがっていくのを ぼーっと見ていたら ある一定高度までいくと気圧によってあれらの風船は割れるよ、と隣にいた人が言った。 ふうん。と思って、 目で見える高さで割れるものなのかしらと 見える限り頑張って追いかけたけど 割…

いつ飲まれるのだろう

飲んできた帰り。ワインでやや悪酔いしたか。明日も飲みに行くし、今週飲み過ぎかな。 雨がぱらついている。 実際に助けてもらえるかはどうでもよくて、 助けてと言える相手がいればそれは救いだと言ってたけど。 そうは思えないや。 助けてもらえないかもし…

この視線をどこかに残しておきたい

父親が写真をやっていたこともあって もともとカメラや写真は好きなのだけど。 写真をやっている友人が、 仲良くなりかけの時に 俺は死ぬのが怖くて写真を撮り始めたんだよね。と打明け話をしてくれたことがあった。 その時は、へえ、と思って聞いていたのだ…

ごろごろ 2

映画を見に連れて行ってもらった。 「メッセージ」(ドゥニ・ヴィルヌーヴ)。 こないだ「マンチェスター・バイ・ザ・シー」(ケネス・ロナーガン)とどっちを見ようか迷ったのだけど、見ないでおいてよかった。 私が今後悔していることについて その分岐と…

思考が散り散り

布団に入ってさあ寝るぞと目をつぶったら だいたい寝る前と寝た後の世界の連続性が担保されてるなんて誰も言っちゃいないよなと ふと思ってしまって これはだめだ、というのが今。 なぜか頭に室町時代とかって単語が浮かんで その頃私は存在してなかったし …

さみしさ

雨上がりの空気 ご多分に漏れず好き。 自立とか依存とかについて考える。 依存先を増やすべきなのだと思う。 自由でいられるように。 雨上がりで夕日が真っ赤。 とても美しい。 ので、駅前の喫茶店に入ってぼーっとすることにした。 少し前にとてもよい句を…

14歳

借りてはいたけど見てはいなかった「グッバイ・サマー」を見た。 「スタンド・バイ・ミー」よりこちらの方が好きだなぁ。 14歳の、周りから浮いた男の子二人が旅に出る話。 14歳って、こんなに美しいんだなぁと思うカットがいくつかあった。 そういえば…

8割がた違うことを考えている

人と飲んでいた。 お酒には強い人だろうけど、まあ、 お仕事明けということもあり アルコールがよく回っていたように思う。 後方で女子会と言われるやつが開催されていて、 君もああいうことをするの?女子会って何を話すの?と聞かれ 大人数は好きじゃない…

軽やかに手放せ

いろいろなボディブローがあって、もう立ち続ける気力も体力もないなぁと思うことがある。 かつてそうであっただろうこといまそうであるだろうことこんごもそうであろうことこんごそうなっていくだろうこと もういいや!好きにしてくれ!うんざりだ!ばかば…

いつもありがとう

いつもありがとう、と言ってもらう時 その言葉はとても不思議な響きを持っているなと思う。 いつも、と、ありがとう。 それを言うべきなのは100%こちらのはずで。 いつも機嫌がよいわけではなく、 とくに愛想がよいわけでもなく。 9割方ぼーっとしてるし、 …

平日午前の映画館

目が覚めて、 午後からたいぎな予定しかないし 午前に何か映画でも見にいこうと思って 携帯でぽちぽち40分後にはじまる映画のチケットをとり、 ごそごそ起きて、寝癖だけ直して だらだらでかけた。 平日午前の映画館、素晴らしい。 人が少ない。 真ん中で見…

帰ってきた

帰ってきた。 3日間で由布院、九重、別府、宇佐あたりをぐるぐるした。 半分くらいは曇りか小雨だったけれど それはそれで風情があってよかったと思う。 次は四国に行こうという話になりました。 それを楽しみにしてまた生きていかないと。 ところで、飛行…

真っ暗

早々と友人が寝てしまった。 私もねむいけれど、まだ眠れそうな眠さじゃない。 外からは虫の鳴き声しか聞こえてこない。 いいものです。 露天風呂に浸かりながらぼーっとするの、とても良い。 なにより、ここは山奥で 今日は天気もよくないから星も月明かり…

確かに大分にいる

大分1日目。 お昼前の便で羽田を出発。 正味の飛行時間1時間ほどで到着。 飛行機、はやすぎる。 現地は曇り。 関空からすでに到着していた友人と合流。 レンタカーで由布院に。 霧が立ち込めてきて、思ったより寒い。 うーん。 由布院を散策するも、割と早め…

どうでもよいこと。

ツイッターでそんなにやりとりをしたことがない人からDMがきて 孤独はいかに癒せるか、みたいなお話になった。 私をいくつだと思ってるのか知らないけど その人よりもわりと年下のはずで でもまぁ自己申告することでもないし。 みんな、さみしいんだなぁ。 …

そこに留まり続けることは

夕日が綺麗だった。 友人に、君はややこしく育っちゃったんだねと言われる。 人はそれをバカという。 自分でもバカだなぁ、と思う時がたくさんある。 電車に差し込む夕日が綺麗で、とても綺麗で この時間帯に留まっていたいなと思ったけれど。無理なんだよね…

それは答えになっていない

前の家は、さほど線路と近くはなかったけれど 窓を開けていると 電車がレールの継ぎ目を踏む音が聞こえて、それが好きだった。 今の家は、窓を開けていると 電車が減速し、ホームに着く音 発車のメロディが鳴って、電車が動き始める音が聞こえる。 とても気…

むずむずそわそわ

今日も順調についてなかった。 まぁでも、ついてない中ではついていた。 本屋さんで川上未映子のインタビュー本を買う。 電車にのってたら遅延情報で人身事故があったのを知る。 会社の最寄りだろうし なんだかむずむずして、 電車に飛び込んだりはしないと…

レアというか

二度あることは三度ある、と書いたけど。 今日のは、レアというか。 天井が落ちてくるという状況に出くわした。 前方にいた男の人をみてたら、がたんって。 天井おちた(一部)。おまけに水も落ちてきた。 誰にも当たらなくてよかったけど。 明日は何があるの…

大分、仙台

昨日と今日、 なんだかついてなくて、 ふう、という感じ。 二度あることは三度ある、という言葉しか浮かばない。 GWに大分に行く、と人に話したら とり天が有名だね、と言われた。 別の人は、からあげだね。とのこと。 ふうむ。いずれにせよ、とり。 大分の…

ただ聞いているのが

先日、 ぼーっとしてたら 色々なことを話してくれた。 初めて聞く話 前に聞いたことのある話 悲しい話 楽しい話 子供の頃の話 大学生の頃の話 今の話 どう感じたか なにを思ったか どう感じるか なにを思うか 彼が何となしにしてくれる話に 気の利いた言葉を…

優しさはどこからわいてくるのか

60階から街を眺めていると 人が寄り合うわけもわかる気がする。 そうやってぼーっとしていると 一緒に住もうと言ってくれる人がいるなら そのうち住んでみても良いのかもしれないなあ なんておもった。 ネクタイを結ぶところを見せてもらったけど わくわくし…

ふちまで行ってしまう

夏に仙台に行くことになった。 夏に、親類に会うのはいやだなぁ。 1食くらいは、友人とご飯を食べることができるだろうか。 迎えに来てもらおうかな。 いろんなものが、ずいぶん押し流されてきた。 幼い頃から今まで。 今後もずっと押し流されていく。 そし…

2017年4月18日の雑感

自分が失くした光景を見ているようで眩しい、 というのは ああほんとそうだなぁ、と思う。 同時にちょっとさみしい。 最近、ちょっとした心境の変化を感じている。 自分にしては珍しいなぁと思うけど、 でもそういうじきなのかもしれない。 岡山(駅)では、 …

歩く、歩く、歩く

宣言通り友人が自転車で到着。 お土産付き。 そのまま一緒に散歩。 歩く、歩く、歩く。 初夏の陽気で、暑い。 パピコを買って食べながら歩く。 歩き疲れた。 夕方の河原は気持ちが良い。 寝てる人もいた。 晩御飯を食べて、友人はまた自転車で帰って行った。…

まだ朝である不思議

ある意味、健康的な生活。 目が覚めて、いろいろやってもまだ朝である不思議。 晩春の陽気。 シャツ1枚を引っ掛けて、ぷらぷら散歩。 家の裏に住んでるらしい猫さんを観察。 毛艶の良いキジトラさん。爪とぎをしていらっしゃった。 だらだら支度をして 出か…