つくねん

ただの日記

宙に浮いたまま

 

ぱらぱらとSNSを覗いていたら

昨日が澁澤龍彦の命日と知り、

今日は今日で広島原爆の日だし、

その絡みで、不意に一昨日が、最近よく調べていた詩人の命日と知る。

そっか、あの詩人はこんな真夏に亡くなったんだ。

極めて個人的な思い入れによってもこの詩人のことが好きである。

詩集が欲しいけど、これがなかなか古本屋にも流通していなさそう。

ちょくちょく見てはいるんだけど。

野村秋介の句集も欲しいんだけど、いつも機を逸してしまう。

 

そういうものにちょっと興味を持ってくれたらいいなと思って

自分の2親等より前の原戸籍を持って行った。

母方のはまだ取っていないから、また取らなきゃなぁ。

父方のは、血の繋がりのない人たちの戸籍も遡れるというのが不思議なもので(それでも直系卑属として扱われるというのがなるほど日本の家制度だなと感じる)

なんならそっちの方が過去まで遡れてしまうんだから面白い。

両親も、なんなら私も、なかなか変な感じの戸籍記載で

多くの真っ当な大人はそういうことに気を遣ったりするのだろうと思うけれど

私自身は気を遣ってくれる人たちが思う方向には

ものを思っていないのだから面白いな、と思う。

もちろんそれなりに思うことはあるけれど。

 

自分がどっからきたんだろうなと思って

暇つぶしに戸籍をとってみたはいいけれども、

結局それをみても、私は私について明確な縁取りができないでいる。

 

こないだ話を聞いたことも、

例えば父方の祖母の出生の顛末や、

父親の父親のことや、小さい頃に懐いていた人たちとの実のところの関係だとか、

もしくは正月にきかされた、兄弟の事故死のことなんかも。

なかなか変なもんだなと不思議に思うんだけど、

そういう色々が絡まって宙に浮いたままという感じがする。

 

みんなそんな感じで生きてるのかなぁ。

夏っぽいこと

 

朝起きて

洗濯して

シーツ類も洗って

布団もマットレスも枕も干したので

今夜の睡眠の質はよいのではないかな。

夏の美点は洗濯物がすぐ乾くことだなぁ。

 

でもって、

私も人並みに夏っぽいことをしたいと思いたち

人と神楽坂にカレーを食べに行った。

今日は仕事をしてたらしくて、

早稲田からやってきたらしい。

カレーを食べたら思いのほかお腹がいっぱいになってしまった。

店を出たら日も落ちて

風は涼しかったので、

神楽坂から高田馬場まで散歩して、解散した。

あの辺は全然行かないので、

ふーん、こんな街なんだなぁ。なんて思いながら歩いていた。

夏休みだからか、学生がその辺に倒れて寝てることもなかった。

今度落語行こう、という話になった。

 

神楽坂に行く前に、

銀座のとあるギャラリーでやってる個展の

グッズを買ってきてと頼まれていたので

それを見に行ったんだけど、

目当てのものは売り切れていた。

その個展自体に私は興味がなかったのだけど

ギャラリーに入ってグッズに直行して会計して帰るのはさすがに失礼だよな(在廊してたようだしなおさら)と思って

一通り見てからグッズを見たので

私ももしかして社会性があるのではないか。と思った。

 

頼まれていたものは売り切れていて

それを伝えて他になんかいる?ときいたら

あれとこれと、って意外と言うんだな……。と思った。

 

絵柄が2パターンあって

かわいい方を買ってきてと言われたんだけど

かわいいの尺度が異なるし

私はどちらも特にかわいいとは思わなかったために

よく売れている方を買うという

世間に従う手段をとりました。

 

世間に従うのは楽で地獄でなんだかな。

正しさに不向き

 

まぁもうよい年なので

周りが結婚したりなんだりするんだけど。

それについて私が、

生物として正しいあり方のように思うな、と言ったら

なにそれ我々があたかも生物として正しくないみたいないいぶりじゃん。と言われた。

我についてはそうかもだけど、我々とは言っていない。

 

どこか、みんな正しく生きてるなぁ

なんて感じてしまう。

 

こないだ人とご飯を食べていて、

君にはもう少し結婚しないでいてほしいなぁ。つまんないし。

(なにがつまらないのだろう?)

と言われたんだけど、

私はそういうことに向いていないと思うんですよね。

というと笑われた。

正しさに不向きな人間がいて、

言わないだけで

わりといろいろ思っていたりするのである。

 

もう7月も終わるんだなぁ。

熊本 3日目

 

3日目。

お互い正午ごろの飛行機で帰ることになっていたので

この日は観光、という感じでもなく。

ほんとは8時すぎまで寝ていようと思ったのだけど、

せっかく熊本に来ているのだしと

頑張って7時に起きて、桜山神社に行くことにした。

私がかけた目覚ましで起きたらしい友人もなぜか同行。

興味ないと思うから、寝てたら?と言ったのだけど、

ついていく、という。

断る理由もないので、一緒にホテル前からバスに乗って10分すこし。

 

f:id:shrikm:20190729220622j:image

朝一にこんなところに来る観光客はそうもいないだろうなぁと思いつつ、

境内に入る。

 

こじんまりとしているけれど緑が深くて、

蝉がよく鳴いていた。

右手に神風連資料館、左手に神風連の乱の殉難者の墓。

資料館は9時半開館で、10時半には空港行きのバスに乗らなければならなかったので

今回はパスするよりほかなく。

社殿にお参りして、お墓を見て回る。

 

f:id:shrikm:20190729220640j:image

f:id:shrikm:20190729220658j:image

f:id:shrikm:20190729220702j:image

123名のお墓があり、首謀者(というかなんというか)の2名の墓が最奥にある。

残り121名+1匹のお墓が、そこに至るまでの左右にずらっと並んでいる様は

なかなか凄みがある。

今や名前しかわからないけれど、

それぞれがちゃんと肉体を持って存在していたということを想像すると。

三島さんもここに来たのかぁ。

 

f:id:shrikm:20190729221002j:image

 

f:id:shrikm:20190729220941j:image

2名のさらにその奥には、彼らの思想の大元となった

林桜園墓所がある。

 

f:id:shrikm:20190729221033j:image
f:id:shrikm:20190729221055j:image
f:id:shrikm:20190729221047j:image

場所が場所だけに薮蚊もすごくて

虫除けスプレーをしていくべきですね。

 

桜山神社を後にして、その辺で朝食をとり、

バスに乗って空港に向かい、それぞれの便で帰路に着いたのでした。

 

熊本、楽しかったです。

熊本 2日目

 

2日目は阿蘇観光。

 

朝風呂を終えて浴場の外に出たら

向こうに猫さんがいた。

目があったらこっちに寄ってきた。

 

f:id:shrikm:20190729200411j:image

 

後で調べたところによると、この猫さんは御歳14歳くらいのよう。

広い敷地を悠々自適に歩いているらしい。

温泉宿のねこもいいかも。

顔が痒かったらしく、バラの茎にしきりに顔を擦り付けていた。

もちろん撫でさせてもらった。

 

宿を出て、鍋ヶ滝に。

 

f:id:shrikm:20190729200654j:image


f:id:shrikm:20190729200704j:image

滝裏に回れることで有名なところ

 

f:id:shrikm:20190729200803j:image


f:id:shrikm:20190729200657j:image

よく晴れていて、日焼け止めをこまめに上塗りしなかったせいで見事に焼けた。

 

f:id:shrikm:20190729200913j:image

大観峰から噴火している阿蘇山が見える


f:id:shrikm:20190729200910j:image

大観峰に行った後、昼食をとることにした。

特に何も調べていなかったけど、

友人のピザが食べたいの一言でピザ屋さんに。

 

山間の、川の側にテラス席を構えるピザ屋さんがあり、素敵だった。

こんなとこに人が来るのか、と思ったけれど

ちらほらガイドブックにも載っていたり

固定客もいるようでよかったです。

 

f:id:shrikm:20190729201046j:image

 

お店を出るときに、

今でも阿蘇の観光客は震災前の4割に留まっているという話をきいて

そういうものかぁ。と思った。

鉄道網が復旧していないのが痛手なんだろうなぁ。

阿蘇もこのお店も

すごくいいところで、とても気に入った。

運転できないから一人では来られないんだけど。

 

腹ごしらえを終えたら次は阿蘇神社に。

その後は草千里ヶ浜に。

 

f:id:shrikm:20190729202218j:image

倒壊してしまった社殿跡

f:id:shrikm:20190729202213j:image


f:id:shrikm:20190729202207j:image

 

草千里ヶ浜を降りた後にちょっとした遊びをして

空港経由で熊本市内に向かった。

 

f:id:shrikm:20190729202447j:image

ロビーにいたくまもん


f:id:shrikm:20190729202453j:image

部屋から熊本城が見えた。

 

夜は熊本ラーメンが食べたい、という友人に付き従って

熊本ラーメンを食べた。

博多ラーメンより好きかも。

 

その後デザートが食べたい、というので

その辺のカフェで

ソフトクリームなど食べて満足し

ホテルに帰って寝た。

 

というのが2日目。

熊本 1日目

 

2泊3日の熊本旅行。

 

旅行の日程は

例年の梅雨明け時期を参考にして決めたので、

思惑通りに

先週はじめに梅雨明けしてくれてよかった。

 

熊本旅行は

ほぼ阿蘇市で過ごした。

2泊目は熊本市内のホテルだったんだけど、

阿蘇で遊んだ後にチェックインが19時を過ぎていて

そこから今朝10時くらいまでの滞在。

部屋から改修中の熊本城が見えた。

 

1日目、

熊本空港で落ち合い

そのまま黒川温泉に。

搭乗前のアナウンスで、台風の影響で終始揺れが予想されます。とのことだったから

とてもビクビクしていた。

最近少しましになってきた飛行機不安も、

ガタガタ揺れられるとあっという間に元に戻りそう。

そもそも地に足が着いてないのが怖い。

しかし飛行機は速い。

 

空港から黒川温泉に向かって山を登る途中、わりと激しい雨が降ってきた。

カブトムシの匂いだね、なんて言いながら90分ほどのドライブ。

運転は友人、私は座ってる人。

 

宿についてからすぐに

ちょっと離れた温泉街に送ってもらい

1時間ほど散策をした。

なかなか風情のある街並みだった。

 

f:id:shrikm:20190729193716j:image

温泉街


f:id:shrikm:20190729193711j:image

こういうのなんか好き


f:id:shrikm:20190729193719j:image


f:id:shrikm:20190729193722j:image

日本秘湯を守る会の会員宿がここにもあった


f:id:shrikm:20190729193714j:image

くまもん

 

f:id:shrikm:20190729195144j:image

温泉街のねこさんたち

優しくされているようでよかった。

 

場所が場所だけに、

夜、お風呂に行こうと思ってぷらぷら歩いていると

蛇が目の前を通り過ぎたので

わぁ。と思った。

連れに知れると怖がるかなと思って

黙っていたからちょっとえらい。


1日目は移動と温泉で終了した。

夏バテなのか

 

早速夏バテなのかだるい。

昨日、

蒸し暑いと言ったら

でも空が綺麗だったよと言って

雲の写真を見せてくれたんだけど

そういうところがとても好きなんだろうな、と思った。

でも空が綺麗だった、というのは

とてもよい文章だなと思う。

 

f:id:shrikm:20190726223015j:image

お花もらったー!

 

そういえば恋愛リアリティショー

というものを後学の為に見た。

おおかみちゃんというのはアロマンティックの人を連れてきているわけではなさそうだし、

よくわかんないなぁ。と思った。

男女数名をひとところにえいっとすれば

こんなに容易く惹かれ合うものなのかとか、

自分の経験が浅すぎて

よくわからないのでもっと勉強します。

というか1人の男の子が大学の先輩にとてもよく似ていて、これは……と思ってしまうな。