つくねん

ただの日記

2020/03/30

 

うーーん。

さっきスーパーに行ったら品薄で

あれれ?と思ったのだけど

都知事が会見するといったからだったんだ。

なるほど。

 

しかし。なんというか。

私も風邪を引くと咳喘息とか起こしがちだから

気をつけるべきなんだろうな

と感じつつ。

一方で、でも無症状という可能性も

なくはない年齢の気もするし

だとしたら他の人にうつさないよう引きこもってるべきだな。とも思う。

そういう意味で

しばらく会わない方がいいのかも。

なんだか心配になってきたなぁ。

大丈夫かな、彼は。

パソコンは今日きたのだろうか。

歩み寄ってくれました

 

昨日夜更かししたのに

あまり眠れなくて

朝わりにまともな時間に諦めて起きたら

今日来てくれるという。

雨は雪になっていたし

電車とか止まったらまずいから

ここは断るべきなのかもと思いつつ

でも、と相手の判断に任せることにしたら

この寒い中来てくれた。

なお、私は朝に近所に散歩にいって

20分くらいで寒くて退散してきました。

とりあえず通路確保に雪かきだけした。

まぁ昨日よりは健全な日だった。

 

それで相手が来るのをソワソワして待ち

外寒いだろうなと思ってお茶をいれ(私はかなりのお茶飲みなので自分もガバガバ飲んでいる)て待ってたら

飲み物を買ってきてくれた。

 

なんか用意したはいいけど相手がそもそもお茶飲みたいのかもわかんないよな。と思ってどうぞと言えずにいたら

これ飲んでいいの?と歩み寄ってくれました。

コミュ障にも程がある。

 

お昼は近くの中華チェーンに行った。

(こないだ言った駅前の中華屋さんはしまってた。日曜休みなのかと思って調べたら火曜定休らしく、やはり今日は自粛要請受けてのお休みだったのかしら。)

春巻きおいしかった。

昔から春巻きが好きなんだけど

なぜかと思ったらあれ筍が入ってるからだ。

おいしい。春巻き。筍。

ただしカラシはいらない。

 

それから近所を少し散歩して、

いつもと違うチェーンのコーヒーショップに行って

帰ってきてだらだらした。

つい最近買った三島由紀夫特集から1つ、朗読してくれた。

寝不足分取り戻すように少し、でも深く寝た。

 

ロックダウンするのかなぁ。

そうするといよいよ私の引きこもり技能が活きるのかな。

f:id:shrikm:20200329190909j:image

花も寒そう。

ほぼ布団の上

 

夕方前まで低気圧の関係とかで

だるくて仕方なかったのだけど

夜になると少し元気になる。

 

気が向いたのでご飯を買いに近所のスーパーに出かけた。

品出し、頑張ったんだなぁ。

補充されていた。

それで、牛蒡と牛肉としょうがの炊きざいを作成している。

でも明日の昼ごはんにしようかな。

なんかあまりお腹空いてないしな。動いてないから当たり前なんだけど。

で、牛蒡諸々を炊いている最中に時間を持て余して

筋トレをしてみたら、汗がだくだく。よくわからないけど。

何となく健康になった気がする。

 

雪、降るのかなぁ。

そしたらちょっと散歩したいかもな。

怒られるかな。

 

月末まで読めるらしい三国志(漫画)に初チャレンジしている。

むかあし、いとこ(正確には違うけど)の家でちょっと読んだ気がする。

いま6巻くらい。

 

こないだ、仕事帰りにわざわざ私の最寄り駅まで来てくれた。

普段乗らないだろう下り電車で。

でもこの時期に混んだ電車に乗せてしまってよくなかったなと思う。

3年間いて一度も入ったことのない(ほとんどのお店がそう)駅前の中華屋さんに入ったけれど、

結構美味しかった。あれで禁煙ならなお嬉しいんだけど。

 

ご飯を食べるつもりはなかったのだけど

食べてないでしょとバレており

そのままご馳走になった。

 

もう何年も前、24時間だか27時間テレビをやってた日(テレビ見ないのでこの二つの違いがわからない)、

向こうの仕事が終わったときにもう空いているお店も少なくなっていたから

その辺のラーメン屋さんでラーメンを食べたことがあったのだけど

ああいうのも楽しい思い出として残っているな。

相手は覚えていないだろうけれども。

 

ちょうど駅前で

最近よく見かける宗教団体が布教活動をいていて

彼が来るまでそのまえをぶらぶらしていた私は

よくわからないお題目をききながら

信じるものは救われるとはよく言ったものだなあ。と思っていました。

これからは宗教の時代になるのかしら。(今もそうなの?)

死んだら善人は白い肌で悪人は黒い肌になるとかいう教えを信じていて(本当に信じてるかは知らんけど)

駅前の往来にそれを語りかけるだけの強さがあって。

 

それは置いといて。

いつも思うけど、

こんな労力をかけても彼の得るところがひとつもないのがすごいと思う。

無賃労働である。

申し訳ないと思うし、本人にも言ったけど

時折かわいそうになってしまう。

負担の張本人がそう思ってれば世話もないけれど、解放すべきなのではと思うことがある。

それには私が精神安定するか、

彼を自由にするしかないのですが。

でも結局不安定なまま、

最終的に優しさに甘えてしまう。

本人はやりたくてやってると言ってくれるけど

そんなこと進んでやりたい人なんていないし

楽なら楽に越したことはないのである。

 

スーパーに行ったから今日の総歩数が1000歩をこえた。

あとはほぼ布団の上。

雪降るかなぁ。

 

f:id:shrikm:20200328210003j:image

 

東京の友達が

コロナ情報をたくさん送ってくる。

そんな四六時中みてたら疲れるだけだよ。と思う。

だいたいその友達からのコロナ情報及び所感LINEで私は結構疲れております。

多摩川を渡れなくなる日が来たりするんだろうか。

 

どうでもいいけど先日はじめて

お好み焼きをピザ切りで食べました。

新鮮だった。

あのお店自分で焼くから楽しい。

 

雨が強くなって、寒くなってきた。

布団横の小窓から首を出して夜の雨を見る会をしている。

ちょっと落ち着く。

 

さっきスーパーに寄ったら

なんだかえらく品薄でびっくりした。

都知事の会見を受けて

また明日にさらに品薄は進むんだろうな。

みんなそんなにパン食べるんだ。

 

疲れた。

あったかいお茶を飲もう。

 

時々思うけれど

私は私が思っている以上に彼のことが好きで

そのためにそのことを持て余して

自家中毒になることがある。

結構辛いし疲れる。

 

それで辛い、疲れたと

泣き付く先はその彼で

あちらから見ると完全な精神不安定者なのである。

こちらからみても完全な精神不安定者だけど。

 

彼が本当に私を好きでいてくれるのかとか

私は彼じゃないからわからないんだけど

もうそういうことを延々考えるには今日は疲れすぎたから、寝よう。

2020/03/24

 

f:id:shrikm:20200324145912j:image

 

風がめちゃくちゃ強くて

さながらナチュラルウーマンの予告編みたいな感じになっていた。

桜はやっぱりまだなんだなぁ。

でも、満開のときに見に来られるかわからないし。

近いんだけど。

 

向かい風で、それなりに冷たくて

ただそこを音楽をききながら

黙々と2時間半ほど歩いていたら

少し気が楽になった。

 

さすがに体が冷えたので

その辺のカフェに入ったら

勘違いサラリーマンが

店員さんに横柄にしていて

とても嫌な気分になった。

吹いて飛ばされればいいのに。

 

帰って一息ついて映画でもみてあったかくして、それで今日は寝よう。

徹夜明けのゲーマーみたいな顔してるぞと言われたけど、その言いぶりはあんまりだなと今更思うな。

 

追記

2時間後あっけなく発熱しましたとさ。

寝てる理由ができてよかったなぁ。

2020/03/23

 

今日やったこと。

某大学病院の臨床研究アンケートに答えた。

設問に、

あなたはここ1〜2週間幸せでしたか?ってあって

笑っちゃったな。

なんだその設問。

こっちが知りたい。

いいえ、と回答したけど

それがどのように集計処理されて論文になるんだ。

あほらしい。(大真面目な研究なんだろうけど)

何もかもあほらしく思えて

ついつい笑える一日だったな。

 

やっぱり家にあげるべきじゃなかったなぁ。

ここは私の超私的空間で生活で砦なんで

守るべきだったんだな。

 

気分転換にどっか行きたいなぁ。

気分転換したい。

 

春だなぁ。

ほんと、春だ。

 

人とお花見にいった。

流れる春の休日の時間。

ぼんやりしていたら、

たぶん最近歩けるようになったらしい赤ちゃんが私の方に寄ってきて

何をいうでもなく、じっとこっちを見ていた。

一度帰っていって、またやってきて

わざわざ回り込んでまで正対して、

あーとかうーとか、

何をいうでもなくこっちをじっと見つめる。

睨め付ける。

なんだか胸の内を見透かされている気がした。

私は赤ちゃんの目が苦手だ。

そこでは世界が分化しておらず、名前もなく

ただただ認識のままにある気がして。

そこでは私はどろどろに世界に融けている。

ただそういう在り方を強制的に付与されていた。

そこには誤魔化しも、気がつかないふりもない。

 

あほらしいな。

全くあほらしいな。

お互い

違う人とこんな春の時間を過ごしていること。

私は気がついて

ただただ離れたこと。

 

向こうはどうかわからないけど

少なくとも私は

そうするしかなくて

それってどういうことなんだろうか。と思った。

わからないや。

 

桜は綺麗だったなぁ。

全く、100%あほらしい。

だけど桜は綺麗で、多くの人にとっていい春の一日に違いなかった。

 

f:id:shrikm:20200322163658j:image

たぶんあんまりよい顔色でなかったからか

友達に大丈夫?と心配させてしまった。

悪いことをしたなぁ。