つくねん

ただの日記

夜の雨と夜の川

 

帰ってきた東京は穏やかに晴れていて、寒くもなかった。

 

この土日は、山あいのたくましい川のそばにいました。

土曜は結構な雨が降っていた。

そしてとてもとても寒かった。

2か月くらい巻き戻したのかと思った。

でも冬は雪で閉ざされていたあちこちが解放されていたので、

(頑張って)散歩した。雨の中を。

坂を登ってキャンプ場にも行ったし(誰もいなかった)、

前はひどい雪に埋もれていて到達さえできなかったコカコーラの自販機でコーラを買ってもらった。

この前は帰り際に出てきた柴犬くんをのっけから撫で回したし。

柴犬くんからはちゃんと雨に濡れた犬のにおいがした。

でも私は片思いで、柴犬くんは彼の方が好きみたいであった。

犬や猫に好かれたいなぁ。

 

雨が降って、止んで、また降って。

そういうのを見ながら、聞きながら、夜が深くなっていって。

その横でご飯を食べながら、精神と身体性や一意性の話をした。

夜ご飯を食べたあと、外のソファに座って二人で夜の雨と夜の川を

防寒仕様でじっと見られたのがよかったです。

晴れていればそれはそれで素晴らしい夜だったのだろうけど、

雨もまた優しいものだと思います。

 

それから小沢君の本を読んでもらって(ちょっとウトウトしつつ)。

半分まで行きました。あと半分残ってる。

小沢君の話、いろいろと面白い。

そして朗読の仕方、情感豊かである。

 

で、寝た。

寝たんだけど、途中でどうにも暑くって(あと喉が渇いて)目が覚めてしまった。

3時くらい。

ちょっと別室で涼んでから戻ったら朝までぐっすりコースでした。

そして、とてもとても珍しい夢を見て、ちょっとなんとも言えない気持ちで目を覚ましたのでした。

 

今日は今日で、利き酒コーナーとか(そこそこ楽しそうにしてたと思うのでよかったです)、

その土地を流れる大きな川とか、そこにかかる橋とかを見ながら散歩しました。

昨日の雨は何処へやら。快晴だった。

 

それで夕方前の電車で帰ってきた。

1時間くらい寝てたんだなぁ、私。

東京は東京だなぁ。

ビルがたくさん。人もたくさん。

日常。

小沢くんのライブのように、

10カウントで日常に返されるのではなく

じわりじわりと電車で近づく日常。

どっちがよいのかわかんないけど、

とりあえず日常へ帰ってきました。

精神は時差ボケ食らったみたいな感じになっている。

 

f:id:shrikm:20180520205644j:image

柴犬くん。

 

毎度思うんだけど

おそろしいくらい甘やかされています。

 

というか!

はじめて村上さんの生サインを見ました。

気がつかなかったなぁ……。

 

夢の話。

死んだ父親の夢なんて本当に見ないんだけど

(死んでから今までで3回くらい)、

それを見まして。

本当に短い夢だったな。

靄がかった空間にいきなり父親が座って現れて(私は立ってる)、

眼鏡をかけずになぜか手に持っており、

柔らかい表情で私に話かけてきたのです。

二言、三言、そのくらい。

私はとても懐かしく思って、

でも父はすぐに消えてしまって

そこで目が覚めたのでした。

なんだったのでしょうか。

 

お腹は空くし

 

お腹いっぱい。

人とご飯を食べてきました。

 

ご飯食べながら、

その人の職場の人の親が入院して、職場の人が食欲をなくしていた・・・・・・という話から

自分の親がそんなになったら食欲なんか出ないだろうなぁ、と言ってて。

そういえば君とこはどうなったの。という話になり。

年始のバタバタを少し知ってる人だから。

現状をちょっと話して。

そしたら君は精神的に強いの弱いの?と訊かれて、

強くもないけど弱くもないんじゃないか。と答えました。

確実に強くはないし、まあよくネジが飛んでるから弱いんだろうけど

それを人に向かって言うのは違うよなぁと思って。

でもひとついえることは。

親が入院しても死んでも、人はいつかお腹は空くし

時にはそれが救いだったりもするのだ。ということです。

前段しか言いませんでしたが。

でも親が入院しても、そのうちお腹は空くよ。って。

 

そのあとお茶して帰ってきました。

シュッとしたサラリーマンの人が、丁寧にエスカレーターの順番を譲ってくれました。

 

f:id:shrikm:20180518222335j:image

ねこさん。

今日いいなと思った言葉

 

 

親族、その関係性について。

小さい頃から、察したり聞かされたりやや巻き込まれたりと色々とあったけど

でも、うん。

人間と人間との関係性について。

その複雑性(とあえていいますが)について。

色々と思うことがある。

人間はしんどい。

だって裏で何を思ってるかわかったもんじゃないもの。

 

人は人についてよく何かを言う。

 

もやもやもや。

 

さて。

今日いいなと思った言葉。

夏だね。汗かくしかないね。

だって。(かわいいですね。)

汗かくしかないかぁ・・・・・・と思いました。

諦め?受容?

どっちなのかしら。

後者のニュアンスかなぁ、と思ったんだけど。どうなんだろ。

溺れた時にもがくとダメですよというような、そんな警句にもとれる。

夏は汗をかくしかない。

でもクーラーはいれたい。

 

f:id:shrikm:20180516225503j:image

ねこさん。

 

もう夏か

 

もう夏か、と思ったけど

でも夏が来る前に梅雨があるのだった。

 

先週あたりから近所のコンビニでスイカバーが売られているので

ほいほい買ってしまう。

お風呂上がりのスイカバー。今日2本目。

夏のスイカバー、冬の雪見だいふく。だったはずなのに

雪見だいふくは通年で売るようになるらしい。

それはよくって。

 

今日、マルクス・エンゲルスを見てきた。

人、意外にいた。

なるほどなぁというような客層だったなぁ。

で、「マルクス・エンゲルスを訪ねる8日間の旅」みたいなチラシが置いてあったりして。

なるほど?という感じだった。

映画は期待してた感じではなかったけど、見やすかったです。

先週見たって言ってて、言葉を選びながら色々感想を言ってくれてたんだけど

なるほどなぁという感じでした。

くたばれ私有財産!という劇中のセリフ、ふふってなった。

すごいセンテンスだ。

 

GWからこっち食べ過ぎだし、

ぶくぶく太りそうだし、ちょっと控えないとなぁ。

などと思いながらスイカバー食べてるんだけど。

 

来週、田舎で法事があるけど私は帰らないので

お茶請けを送っておかないと。忘れずに。

親類もくるらしいし、後で何か言われるのは嫌だしなぁ。

忘れずにやらないといけません。

液状化

 

誰かを待っているの、

人の最も美しい姿のひとつだと思う。

で、前に私が早く着いたとき

相手のその姿をしばらく見てたんだけど。

なんだか不思議なんですよね。

私を待ってくれてるんだなぁ、と思うと。

なおさら。

で、そのことをネタバラシしたら

見かけたら声をかけるようにと言われるようになってしまいました。

そりゃそうだ。

 

先日、

ああなんでこれがあの人じゃないんだろうな

と思うことがあって

それでちょっとあれだったので

今日は液状化してたね。

でろんでろん。

 

人間、存在あるいは関係性の代替可能性についてお話をしたけど

きっと彼の中にはちゃんとした軸があって

私のような考え方をしないんだと思う。

代替不可能性を強く感じると、

人間が代替可能であればどんなによかっただろう。と思ってしまう。

そしたら、あらゆる痛みは少なくなるかもしれないし。

むにゃむにゃ。

 

ごろごろむにゃむにゃしてた。

本も読んでもらった。

ネズミのモノマネしてた。

ものごとには裏があるんだって。

こわい。

 

クローゼットに入って外から閉めてもらったんだけど

真っ暗になってものの1.2秒くらいで扉を開けてくれて

それで私はその行為を

彼の性格の本質っぽいな。と思ったのでした。

 

まあとりあえずいつにも増して液状化してた気がします。

押しつぶされてたもんね。

反省します。

 

読んでた本、

思ってた本まさにそれで楽しかったです。

 

静かに、穏やかに、でも確実に

 

こっちにきて初めて地元の料理を出すお店に行った。

なかなかないよね。

カウンターだけの小さなお店で、

同郷の人がこっちにきて50年以上やってるお店らしく。

そうやって静かに、穏やかに、でも確実に

ある東京の町で地元の料理をだす店が、

そこで地元の店として受け入れられている不思議に出会いました。

一緒に行った友人の驚異のコミュ力により、

常連さんたちと話し、

お店の人と話し。

お店の方は今年85歳らしく、

今日ずっと話していた常連の方は75歳らしい。

楽しかったです。

私は話を聞いてるだけで、

話をするのはもっぱら友達だったけど。

地元料理を東京で食べられるのは嬉しい。

とてもささやかであたたかなお店だった。

私と友達の名前を覚えようとしてくれて、

帰るときにわざわざ表にまででてきてくれて

ささやかだけど地元の味を提供できたか、ときいてくれ、

またぜひ来てね。と言ってくれた。

 

友人もすっかり気に入ったようなので、

また行こうと思う。

(友人、出される料理に対しておいしいです!とお店の人に言ってて、とてもよかった)

今日、おそらくかなりお会計をサービスしてもらったので

次は手土産をもっていきたいなぁ。

いつまでも元気でお店を続けてほしいものです。

 

私の知らない昔の地元の話を聞けて楽しかったなぁ。

 

というような1日でした。

 

f:id:shrikm:20180512002948j:image

そこどまり

 

いろんな人がいろんなことを悩んでる。

 

友人から電話がかかってきた。

昨日も一昨日も出なかったために(めんどくさくて)

わりと勢いがありました。

明日は仕事が休みで、

おしゃれな美容室に髪を切りに行くんだけど

なんて言おうかとか、何を着て行こうかとか。

(要するにとても緊張している。ということ)

うんうん聞き流してたら

新しい仕事の話になり、

その話もうんうん聞いてたら

いつのまにか明日遊ぶことになってた。

カラオケに行きたいんだって。

私は歌いたくないし、

聞いてるだけでいいなら付き合うけど。

どうせなら映画見に行きたかった。

岩波ホールに付き合ってくれないかなぁ。

でも友人、映画を見る人ではないんだよね。

晩御飯も食べよう、と言ってて

私の出身地の料理屋さんとかないの?調べとく!

と言ってたけど見つけられるのかなぁ。

ひとつ、

どんぴしゃなお店があるのは知っているのですが。

 

ふーーーーーーーーー。

なんだか色々考えるけれど、そこどまり。

どこかに行きたい。

ぱっと。

 

f:id:shrikm:20180510231014j:image

航跡。

 

村上さん、短編も映画もと

なんだかここ数日賑わってるなぁ。

たのしみ。